カミソリ負けと肌のひりつきを防ぐ方法

カミソリ負けは誰もがときどき経験することですが、適切にシェービングを行うことにより対処が可能です。これから、その原因、予防策、対処法をご紹介します。

カミソリ負けとは?

カミソリ負けとは、乾燥した肌を剃ったり、剃るときに力を入れすぎたり、切れ味の悪い刃で剃ったりしたときに肌が荒れる状態を指します。通常は髭剃り後、数分してから始まり、ひどい場合は発疹が現れます。カミソリ負けは、埋没毛が原因で発生する毛穴のぶつぶつとは異なります。毛穴のぶつぶつの対処法については、こちらをご覧ください。

原因:

乾燥した肌を剃ったことによるカミソリ負け

必ずシェービングジェル、シェービングフォームを使用します。シェービングジェルやフォームには肌を保護するための潤滑剤が含まれています。そのため、カミソリの刃が顔を滑りやすくなり、また、髭剃り中に水分を保持するのを助けます。水分を吸収すると毛が伸び、より軟らかくなるため、カミソリが滑りやすくなります。これにより、毛が引っ掛かったり引っ張られたりせず、肌の摩擦が減り、ひりつき感も少なくなります。おすすめはスキンガードシェービングフォームです。

力を入れすぎたことによるカミソリ負け

剃るときに力を入れすぎると、カミソリ負けしやすくなります。あなたの顔を傷つけないように、シェービングフォームやシェービングジェルの膜の上を軽く滑らせるように剃りましょう。力を入れず、剃るのはカミソリにまかせます。

シェービングジェルで火傷を避けてください

予防のヒント:

刃を交換する

切れ味の悪い刃で剃るとカミソリ負けになりやすくなります。髭剃り時に不快に感じたら、切れ味の悪くなった刃を交換しましょう。毛が引っ掛かったり引っ張られたりすることが少なくなります。替刃を定期的にお届けするサービスもあります。ジレット®替刃の定期購入ページをご覧ください

何度も同じ場所を剃ることもカミソリ負けの原因のひとつです。

男性は髭剃り中に、平均して170回ストロークします。このうち約120回は同じ場所を剃っていることになります。つまり、すでにシェービングフォームが剃り取られ、潤滑作用が低くなった状態でストロークを繰り返していることになり、肌荒れしやすくなります。フュージョンプロシールドなら、刃の前後にジェルスムーサーを搭載。常に潤滑化させることにより、肌荒れを防ぎます。

T軽く当てる

顔の皮膚は敏感です。カミソリ負け、肌のひりつき、切り傷を防ぐには、毛の方向に沿って、力を入れずに剃ることが大切です。

お手入れ:

水分補給して保護する

最後に、保湿効果のあるアフターシェーブジェルまたはローションで仕上げ、肌をリフレッシュして水分を補給し、肌を気持ちのよい状態に保ちます。

この記事は役に立った