毛穴のぶつぶつと埋没毛の対処法

髭剃り後に肌のひりつきを感じるのはよくあることですが、人によっては、偽性毛嚢炎(PFB)と呼ばれる慢性型の毛穴のぶつぶつができてしまいます。この状態では、髭剃り後に痛みを伴う場合もあります。毛穴のぶつぶつに対処しながら、ひりつき感を最小限に抑え、快適な剃り心地を得るためのヒントをご紹介します。

PFB(毛穴のぶつぶつ)を伴わない髭剃り後のひりつき感に対処するためのヒントは、「カミソリ負けと肌荒れ」をご参照ください。

毛穴のぶつぶつ: 原因

毛穴のぶつぶつと埋没毛は、遺伝的にくせ毛の傾向がある人によく見られます。不規則な形をした毛幹や、くせ毛そのものによって、剃った後の毛が皮膚の下で逆向きに伸びていきやすいためです。この遺伝的要因から、埋没毛や毛穴のぶつぶつは、アフリカ系やインドヨーロッパ系の男性に多く見られます。毛穴のぶつぶつができたからといって、すべてがPFBというわけではありません。このような症状が出たら、まず皮膚科医に相談し、埋没毛の症状に関する診断と対処法をおたずねください。

遺伝的要因のほかにも、髭剃り時に毛穴のぶつぶつを誘発してしまう原因がいくつかあります。たとえば、毛幹が乾いている場合、カミソリで剃るのがとても難しくなり、毛が引っ掛かったり引っ張られたりすることが多くなります。これは不快なだけでなく、毛先が鋭角に切り取られる原因にもなります。この毛が伸びるとき、尖った毛先のおかげで肌に潜り込みやすくなり、毛穴のぶつぶつが発生するリスクが高まります。

しこりや埋没毛を剃った後

髭剃り時に毛穴のぶつぶつができるのを最小限に抑えるヒント:

1

洗顔:

髭剃り前の準備をします。

髭を剃る前に、温水で肌を優しくこすって顔を洗います。シェービングブラシを使用してもよいでしょう。このステップは非常に重要です。肌表面の皮脂や汚れを取り除き、閉じ込められた毛を外に出し、カミソリが肌と毛に適切に当たるようにします。
2

湿らせる:

毛を柔らかくして、毛の引っ掛かりを減らします。

毛が水分を保てるように、顔を湿らせてシェービングクリームをつけます。水分を吸収すると毛が伸び、より軟らかく、剃りやすくなります。
3

シェービング:

カミソリの出番です。

軽く優しいストロークで剃ります。力を入れず、剃るのはカミソリにまかせてください。毛が伸びて皮膚表面に再び潜り込まないように、定期的にシェービングします。高性能の複数刃カミソリを使用することで、髭剃り後の毛穴のぶつぶつの発生を最小限に抑えることができます。
4

保湿:

水分を回復させます。

髭を剃ると、毛と一緒に水分も取り除かれてしまいます。その結果、肌が乾燥して収縮し、ひりひりします。髭剃り後の肌と髭に水分を回復させるため、保湿効果のあるアフターシェーブ製品を使用します。

洗顔、湿らせる、シェービング、保湿の4ステップに、ジレットの シェービングケア製品ラインナップ を組み合わせると、毛穴のぶつぶつに効果的に対処できます。

この記事は役に立った