髭の伸ばし方

髭の伸ばし方 – 男性の口髭の伸ばし方に関するヒント

多くの男性が、これまでに髭を伸ばすことを考えたことがあるはずです。ここでは、憧れの髭スタイルを実現するために、髭の伸ばし方と日常的な手入れの方法をご紹介しています。まずは髭を剃るのを止め、自然に伸ばします。髭が好みの長さになったら、自分が最も好きな髭スタイルを決めます。新しい髭スタイルに形を整え、スタイルを維持するために、ジレットスタイラーなど、正確なトリミングとシェービンが可能なカミソリ、トリマーを用意しましょう。

ステップ 1: 好みの長さに伸ばす

自然に任せて、スタイリングしやすい長さになるまで髭を伸ばします。(髭の伸びるスピードには個人差があります)

ステップ 2: コームアタッチメントでトリミングし、髭の長さを均等に整える

口髭をトリミングし、均等にスタイルに整えます。ジレットスタイラーに付いている3つのコームアタッチメント(2mm、4mm、6mm)を使って、髭の長さを均一にトリミングしましょう。まず一番大きなコームを使って、長めに整えるのがコツです。長めに整えることより、後からお好みで、短くすることが可能です。何度かコームで梳き、髭が均等に整うようにします。

ステップ 3: 髭をトリミングする

コームアタッチメントを取り外して、好みのスタイルにトリミングします。最終的に完全に剃る部分もトリミングし、短い長さに合わせておき、後で剃り落とします。シェービング前にトリミングすることで、シェービング中の毛の引掛かかりを抑え、スムーズなシェービングが可能に。また、肌のひりつきを最小限に抑えることができます。

ステップ 4: 左右対称であることをチェックする

左右対称であることをチェックし、髭を均等に整えます。左右対称にすることにより、自然な仕上がりになります。

ステップ 5: シェービングクリームをつける

シェービング前に、お湯で顔と髭を軽く洗い、髭を湿らせて剃りやすくします。次に、首元や頰など、しっかり剃りたい箇所に、泡立てたシェービングジェルをつけます。シェービングジェルの使用により、切り傷や肌のひりつきを防ぐことが可能になります。

ステップ 6: 剃る

カミソリ刃アタッチメントをジレットスタイラーハンドルに装着し、軽いストロークで優しく深剃りします。全てのフュージョン5替刃は、スタイラーに対応しています。

ステップ 7: 順剃りと逆剃りで髭をトリミングする

髭は様々な方向に向かって生えているので、順剃りと逆剃りを組み合わせ、シェービングします。プロシールドのような、高性能な複数刃のカミソリを使うと、逆剃りの際も、快適なシェービングが可能です。

ステップ 8: 刃をすすぐ

刃は、頻繁にすすぎましょう。シェービングクリームを使用せずに剃る、または同じ場所の剃り過ぎは、肌のひりつきの原因になるので注意してください。カミソリを洗面台に、コツコツとたたきつける行為は、精密に作られているカミソリのパーツに大きな損傷を与える可能性があります。

ステップ 9: ピンポイントトリマーで整える

新しい髭スタイルに形を整えた後、細かい部分を調整します。ジレットスタイラーのピンポイントトリマーを使って、頬ともみ上げのラインに沿って形を整えます。

ステップ 10: すすぎ、乾かしてから、モイスチャーライザーまたはアフターシェーブをつける

冷たい水で顔を洗い、軽く叩くようにして乾かします。保湿効果のあるアフターシェーブをすりこみ、肌に水分を補給し、落ち着かせます。

完成!

人目を惹くような髭スタイルが完成したら、髭を柔らかくする効果のある、髭用オイルを使い、潤いをキープします。このようなメンテナンスを日々続けることで、新しい髭スタイルを、いつでも清潔でスタイリッシュに保つことができます。

この記事は役に立った