不要なヘアトリートメントと背中のシェービングのヒント

背中のシェービングのコツ

背中はおそらく、ムダ毛のお手入れが一番面倒な部位と言えます。しかし、背中のムダ毛も処理の仕方さえ学べば、まったく難しいことはありません。

ジレットスタイラーのような適切なツールを使えば、背中のムダ毛の処理はいたってシンプルです。次のステップに従って、いつも快適にムダ毛のお手入れをしましょう

ステップ 1: 手伝ってもらう

別の人の手があればより快適に処理できることもあるため、手伝ってもらう人と背中のムダ毛処理について正しい知識を共有しましょう。気後れする必要はありません。よほど柔軟性に優れた器用な人でない限り、身体の背面にある部位にはどうがんばっても手が届かないのですから。

ステップ 2: 長さ固定のコームを選ぶ

しばらく、あるいは一度もカミソリの刃を当てたことのない部位のムダ毛を処理する際は、適切な長さのコームをセットしたボディヘアトリマーを使用すると、長さのあるムダ毛もより快適に処理できます。ジレットスタイラーには、3種類のコームアタッチメント(2mm、4mm、6mm)が付属しており、用途に応じて使い分けることができます。

ステップ 3: トリム

背中のムダ毛をカットする。身体のムダ毛を剃る前に適度にカットすることで、刃に毛が詰まるのを防ぐことができます。

ステップ 4: シャワー

シャワーの湯は背中のムダ毛を柔らかくするので(剛毛など)、肌のうえで刃が滑らかに走るようになります。ジレットスタイラーは防水仕様なので、シャワーを浴びながらムダ毛をカットできます。

ステップ 5: シェービングジェルで泡立てる

しっかりと泡立てることでムダ毛が十分に湿り、刃を滑らかに動かせるようになるので、背中のムダ毛を処理している間も肌を守ることができます。

ステップ 6: 切れ味の悪い刃の確認

刃の切れ味が悪い、またはスムーサーが摩耗したように見えますか? シェービングまえに、刃のアタッチメントを交換するタイミングかも知れません。

ステップ 7: 軽く、優しいストロークでシェービング

スタイラーにフュージョンの替え刃を装着します。軽く、優しいストロークで剃り、頻繁にすすぎます。

ステップ 8: 刃を頻繁にすすぐ

何回か刃を当てたら流水で軽くすすぎます。刃の表と裏の両側をすすぎ、軽く振って水を切りましょう。刃を洗面台にトントンと叩きつけたり、タオルで拭いたりしないでください。精密にデザインされた刃の部品を損ない、使用寿命を縮めかねません。流水で刃をすすぐことで刃に溜まったシェービングジェル、毛、角質などが洗い流されます。

ステップ 9: 必要に応じてシェービングジェルを付け足す

滑らかに剃るために同じ部位を違う方向から剃る必要があることもあります。シェービングによる背中の肌のトラブルを防ぐためには、一度通過した部位を再度剃るときにはシェービングジェルをその部位に付け足しましょう。

ステップ 10: すすぐ、乾燥、保湿

背中を剃った後の保湿は非常に重要です–それは肌を落ち着かせるのに役立ちます。

おめでとうございます!あなたはボディグルーミング101をマスターしました!

ジレットのカミソリとトリマーを使えば、グルーミングの可能性は無限大です。

この記事は役に立った