敏感肌のシェービング方法

多くの人がシェービングによるカミソリ負けや切り傷の経験があります。敏感肌への対処法のヒントを読んで、よりなめらかで快適なシェービングを体感してください。

肌の下準備を適切に行う

刃の通りを悪くし、なめらかな剃り味を損なう皮脂、汚れ、死んだ皮膚細胞などを、洗顔料やスクラブで洗い落とします。また、毛を軟らかくして剃りやすくするために、お湯で少なくとも3分間湿らせます。

適切な用具を使う

刃のすべりをなめらかにし、毛の引っ掛かりを減らすため、乾燥しにくいシェービングジェルを使いましょう。また、刃と刃を密接に配列して圧力を軽減する高性能の多枚刃カミサソリを使用すれば、シェービングをより快適に、また肌への刺激を減らすこととができます。

刃をチェックする

切れ味の悪い刃は、切り傷や刺激の原因となります。毛の引っ掛かりや不快感が生じるようになったら、刃を交換しましょう。あるいは、スムーサーの色が徐々に白に変わっていき、シェービングに最適の状態でなくなったことを知らせるカミソリを使ってみましょう。

正しいテクニックで剃る

軽いストロークで優しく剃ります。まず、毛の生えている方向に沿って剃ります。その後、必要であれば、より深く剃るために逆剃りします

大事なところは最後に

上唇と口のまわりを最後に剃ることにより、シェービングジェルが十分に浸透する時間を与え、毛を軟らかくして楽に剃ることができます。また、鼻の下などの難しい場所には、1枚刃のカミソリが非常に有用です。

頻繁に刃をすすぐ

シェービング中頻繁に刃をすすいで刃先や替刃の詰まりを防ぐことで、刃のすべりがなめらかになり、快適にシェービングできます。また、電動カミソリを使えば振動ですすぎが容易になります。

顔と首を保護する

シェービングの後は冷水で洗い流し、パッティングで乾かします。その後、保湿作用のあるアフターシェーブをつけて、肌をリフレッシュし、うるおいを与えます。

それでは、

ジレット プロシールド、スキンガード、プログライド、フュージョンをぜひ体験してください。

この記事は役に立った