カミソリ負け防止の救世主:高精度に設計されたジレット替刃

柔らかい肌、硬い髭、髭剃り負け

肌は柔らかくデリケートなので、シェービングにより髭剃り負けが起こりやすいです。柔らかい肌から生えてくる髭は銅線のように硬く、様々な方向に向かって生えています。

一見、肌は硬くて滑らかなものだと思われがちですが、実は、とても柔らかく起伏があり、ジェルのような質感をもっています。

肌は、外側から圧力がかかると、形状が変わります。
髭を剃るために必要な力が肌に加わると、肌の表面はなめらかさを失い、シェービングにも影響を与えます。

強い力が加わると、肌の毛胞の周辺の神経にストレスを与え、突っ張り感や引っ張り感となり、ひりつきや不快感をもたらす原因となります。

カミソリの刃に関する技術は、 キング C. ジレットが最初に安全カミソリを発明 して以来、進歩を遂げてきました。カミソリの刃のデザインの進歩は、5枚刃や3枚刃カートリッジ、パワーハンドル、スムーサーなどに活かされています。
一見シンプルに見えますが、カミソリ負けを防ぐうえで大きく役立つものが含まれてい流のです。快適なシェービングの鍵となるのは、最低限の力で髭をそり落とせる、シャープで薄く、精密な刃です。

刃の先端は薄くなければなりません。ジレットの刃の先端は髭よりも薄く、外科医が使うメスよりもさらに薄いものです。
この超薄型の刃のパフォーマンスを高めるため、ダイヤモンドのような炭素のコーティングで強化し、なめらかにするために薄いテロマーのコーティングを加えました。
快適なシェービングは、これらの技術により支えられています。

精密性を実現する刃
それが、プロシールドプログライドです。ジレット史上、最も優れた刃です。

この記事は役に立った