顔の剃りにくい部位: ジレットフュージョンピンポイントトリマー

精度の高いシェービングの課題

泡立て、シェービング、洗顔後に肌をチェックした時、次のようなことがよく起こります。

  • 頬は滑らかな手触り。
  • カミソリが届くすべての箇所は、全般的にしっかり剃れている。

シェービング後に、鼻の下や唇の近く、もみ上げ、口髭、あご髭の端のラインのなど、刃が届きにくい箇所の剃り残しを見つけることはありませんか?

複数刃のカミソリを使えば、顔の大体の部分はしっかりと快適なシェービングができますが、細かい部分では精度に欠ける場合があります。
ジレットフュージョンファミリーのカミソリには、カートリッジの後ろに、縁を正確に整えるためのピンポイントトリマーの刃が付いています。

ジレットピンポイントトリマーを使う

トリマーが付いたカミソリを、すでに持っているかもしれません。見逃してしまいがちですが、プログライドプロシールドを含むジレットフュージョンのカートリッジには、内蔵された単刃が後ろの部分に付いているのです。

まず、顔の大きな表面を剃ってください。それから、カミソリを回転させて、後ろにあるピンポイントトリマーの刃を使ってください。
鼻孔、唇、その他もみ上げやあご髭や特別な髭スタイルなど、特別な髭スタイルなど、精密なラインが必要な部分の縁をカットします。
カミソリからトリマーに移動は、指を動かしてハンドルの設定を変えるだけ。
シンプルな操作です。この機能で、さらに精度の高いシェービングが、シンプルなプロセスで可能になりました。

この記事は役に立った