頭のシェービングのコツ

頭髪をすっかり剃ってしまうのは大胆で、オシャレな雰囲気も醸し出します。初めて挑戦する方もそうでない方も、ジレットのノウハウとツールを使えば、思い通りの見た目や手触りを手に入れ、維持することができます。

シェーブヘッドに挑戦する

次のステップに従って、シェーブするたびに滑らかな頭皮を実現:

ステップ 1: ムダ毛を柔らかくし、カットする

シャワー中、またはシャワーを浴びた直後にムダ毛を剃ると、剛毛質の毛を簡単にカットできます。まず、ジレットスタイラーなどのトリマーを使用して、ムダ毛を適度にカットする必要があるかもしれません。

ステップ 2: シェービングジェルを塗る

シェービングジェルはムダ毛をさらに柔らかくする働きがあり、刃がより滑らかに動くようになるため、ひりつきなどシェービング後のトラブルから肌を守ることができます。ジレットでは、最初から最後までスムーズなシェービングを実現するシェービング専用ジェルやフォームをご用意しています。

ステップ 3: 切れ味の悪い刃は使わない

シェービングを始めるまえに、スム-サーを確認しましょう。スム-サーが摩耗している、あるいは、刃の切れ味が悪くなっているようであれば、そろそろ刃の交換時期です。ジレットクラブでジレット替え刃またはスム-サーをご覧ください。

ステップ 4: 軽いストロークで優しく剃ります

均等に力を入れて、軽く、滑らかなストロークで剃ります。自分が剃りやすい動きで剃りましょう。方向を変えたり、2度目に同じ場所を通るのであれば、 逆剃り をしたりします。

ステップ 5: 身体のカーブをなぞるように剃る

ジレットフュージョンプロシールドのフレックスボールテクノロジーが、頭皮のカーブに沿って刃を滑らかに動かせるようにします。耳の裏側を剃るときは耳を折るようにして、刃で耳が傷つかないようにします。

ステップ 6: 刃を頻繁にすすぐ

何回か刃を当てたら流水で軽くすすぎます。刃の表と裏の両側をすすぎ、軽く振って水を切りましょう。刃を洗面台にトントンと叩きつけたり、タオルで拭いたりしないでください。精密にデザインされた刃の部品を損ない、使用寿命を縮めかねません。流水で刃をすすぐことで刃に溜まったシェービングジェル、毛、角質などが洗い流されます。

ステップ 7: シェービングジェルを塗り直す

どこの部位であっても剃り直しの前にはシェービングジェルを塗り直して肌荒れやひりつきを防ぎましょう。

ステップ 8: タオルで拭く

冷たい水で頭部をすすぎ、タオルで拭きます。

ステップ 9: 保湿

シェービングのあとはすぐに、シェービングを終えたばかりのお肌を落ち着けるためにアフターシェービングローションで保湿をします。毎日のムダ毛の処理の一部としてお肌を保湿することは、頭皮を柔らかく、うるおいをキープするのに役立ちます。

滑らかなシェーブヘッドをお楽しみください!

ジレットのノウハウとツールがあれば、スムーズに頭部をシェービングできます。

この記事は役に立った