ジレットの歴史

Banner

プレシジョンの探求と展望

ジレットのプレシジョンの探求は、C. ジレットという一人の人物から始まりました。その精神は、100年以上に渡り、シェービング界に革新をもたらし、時代を超えて、引き継がれています。

私たちはより良い製品を
作ることができなくなったとき、
カミソリを作ることを止めるだろう。

1990

1900年
プロトタイプ

キング C. ジレットは使い捨てカミソリ替刃の革新的なアイディアを考案しました。薄く強い刃は、当時MITの科学者の間では実現不可能に近いことと考えられていました。1901年、ジレットは、この革新的なカミソリの案は間違いのない発想であったことを、証明しました。

1920年 - 改良

1920年
改良

ジレットは創業以来、初めて、カミソリの構造改革に着手しました。刃のアングルの精度向上やグリップの改良を行い、開閉式のアジャスターを採用し「プレシジョン技術の結晶」と呼ばれるカミソリが初めて誕生しました。

1957年 - 調整可能

1957年
調整可能

ライト、ミディアム、ヘビーと、髭の濃さに合わせて3段階調節が可能なカミソリが初めて登場。以降、さらに細かい段階設定を追加し、最終的に9段階まで調節可能になりました。ジレット初の、カミソリ構造改革により、刃のアングルを顔の輪郭に合わせて調節できる「人ができない部分を補う」カミソリが生まれました。

1965年 - テクマテック

1965年
テクマテック

巻いて新しい刃に替えることのできる「連続バンド」が付いた、初の替刃式カミソリを開発。この技術の導入で、替刃の交換時に、刃に触れる必要がなくなりました。初代のテクマテックカミソリを進化させたこのデザインは、ジレットの定番として、以降30年以上にわたり販売されました。
様々なデザインが試されていた時代の中で生まれた画期的なデザインといえます。

1971

1971年
トラク ll®

ジレットはトラクII® を製作。
2枚刃システムを搭載した初のカミソリでした。

1977

1977年
アトラ®

ジレットは、アトラ / コントアシステムを発表。初の旋回ヘッド付き2枚刃カミソリ替刃で、シェービング中に2枚の刃を顔の輪郭に沿って動かすことを可能にしました。

1985

1985年
アトラプラス®

ジレット アトラプラス / コントアプラス – 初めてのループリケーティングストリップ付きカミソリを販売開始しました。

1990

1990年
センサー®

ジレットはセンサーを販売開始しました。

高い反応性を持つバネを搭載した、初のカミソリ。独立したバネを装着した2つの刃は、あらゆる輪郭に自動的にフィットし、より快適なシェービングを可能にしました。

1988

1998年
マッハ®

ジレットはマッハ®を搭載したカミソリを製造。カミソリのパフォーマンスを向上させました。初の3枚刃の技術が、スムーズで肌に密着したシェービングを可能にしました。

2004

2004年
M3 パワー

ジレットはM3パワーを発表。電池技術を使用した世界初のウエットシェービングシステムを使って開発。マイクロパルスで刃の滑りを向上させ、より快適なシェービングを可能にしました。

2006

2006年
フュージョン ™

ジレット フュージョン™カミソリのデビュー。5枚刃搭載のカミソリは、マニュアルとパワーの両バージョンを展開。あらゆる面においてマッハスリーを凌ぎ、ジレット製品の中で最も肌に密着した快適な削り心地を実現しました。

2014

2014年
ボディ ®

ジレットは、男性の胸部のシェービングを快適に行うためにデザインされた初のカミソリ- ジレット ボディ® を販売開始しました。

2014

2014年
ジレット フュージョン™
フレックスボール™ 付き
プログライド® テクノロジー

フレックスボール™ を搭載したジレット フュージョン™ プログライド®は、シェービング革命と言える、次世代カミソリです。どのような顔の輪郭にも最大限に沿う旋回式カミソリを製造しました。

2015

2016年
ジレット フュージョン
プロシールド®

男性用カミソリ ジレットフュージョン™ プロシールド®。
従来のフレックスボールテクノロジーに加え、刃の前後にジェルスムーサーを搭載。シェービング中の肌を守ります。ジレット史上、最も肌にやさしいシェービングを実現します。