シェービングの頻度や刃の交換時期は?

シェービングの頻度や刃の交換時期は?

シェービングでは頻度より剃り方が重要であり、カミソリ刃の寿命にも影響します。この記事では正しいシェービングの頻度とルーティンを設定する方法をご紹介します。シェービングはどのように剃るかが特に重要です。以下に、シェービングをする際のガイドラインをご紹介します。

シェービングの頻度に制限はあるのでしょうか?

シェービングの頻度に制限はあるのでしょうか?

剃る頻度は、遺伝的なものと、お好みの仕上がりによって異なります。一般的には、きれいに剃りたい場合は2~3日おきに、スタイリングやお手入れをしたい場合は3~5日おきに、毛を伸ばしたい場合は剃るのをやめることをおすすめします。

毛の伸びる速さは、体の部位によっても異なります。例えば、わき毛は足の毛よりも50%速く伸びる傾向があります。きれいな剃り心地を維持したい場合は、わき毛をより頻繁に剃る必要があります。

剃ってはいけないのはどんなとき?

剃ってはいけないのはどんなとき?

傷や腫れ物、湿疹がある場合には、剃るのをやめることを推奨します。肌が傷つきやすい状態で剃ってしまうと通常時より感染症のリスクが高くなります。同様に、カミソリ負けや産毛が気になる場合は、肌がきれいになってから剃るようにすると、より刺激が少なくなります。

シェービング時の肌荒れを防ぐ方法

シェービング時の肌荒れを防ぐ方法

正しくシェービングすることで、肌を刺激から守ることができます。シェービングする場所によって、正しいシェービング方法は異なります。脚、わきの下、腕、顔、眉、ビキニエリアのシェービング方法については、こちらをご覧ください。以下に、剃る場所に関係なく、ベストな方法をご紹介します。

  • シェービング前に、温かいお風呂かシャワーで数分間、肌に水分を補給しましょう。
  • 古い角質を取り除くことで、シェービングに備えることができます。
  • シェービングジェルは、肌のうるおいを保ち、カミソリの刃の滑りをよくするために使用します。
  • シェービング後は、できればアルコールフリーの保湿剤を塗り、肌の潤いを保つようにしましょう。
  • そして、常に鋭利で清潔なカミソリの刃を使用することが大切です。鈍い刃を使用すると、剃刀負け、巻き毛、肌荒れの可能性が高くなります。

カミソリの刃のおすすめの交換頻度

カミソリの刃のおすすめの交換頻度

刃の交換時期の目安は、「劣化」です。カミソリの刃が毛を引っ張り、肌にざらつきを感じたり、シェービング後に通常時より肌が荒れたりするようであれば、交換の時期が来ています。どの程度の頻度で刃を交換する必要があるかは、シェービングの頻度によって異なります。
多くの女性にとって、最も良い交換時期は以下をご参考ください。

剃る頻度交換を検討する時期
毎日1~2週間おき
一日おき2~3週間おき
週2回4~6週間おき

カミソリの刃を長持ちさせる方法

カミソリの刃を長持ちさせる方法

カミソリの刃は、毛質や剃る回数によって寿命が異なりますが、適切なお手入れをすることで、カミソリの刃を長く使用することができます。

肌が十分に潤っているかどうかを確認します。濡れた毛は乾いた毛に比べて、剃るときの摩擦が少なく、より簡単にカットすることができます。摩擦が大きいと、刃が早く鈍ることに繋がります。クレンジングとシェービングジェルを併せ持った、ヴィーナス2イン1ジェルがおすすめです。ジェルの潤滑効果によって肌を保護し、やさしく剃ることができます。

シェービングジェルの残りやカットした毛がカミソリの刃の間で乾燥し、効果が落ちるのを防ぐため、1ストロークごとにカミソリを洗い流してください。同様に、剃り終わった後は、カミソリをきれいに洗い流し、十分に乾燥させてください。

質の良いカミソリを使うことも重要です。体毛や肌の状態は人それぞれなので、自分だけのカミソリを作ることが重要です。シェービングジェルからVIOゾーン用のカミソリまで、ヴィーナスのVIO用シェービング製品とボディ用シェービング製品をご覧いただけます。

この記事は役に立った